ジェルネイルキットの失敗しないやり方

ジェルネイルキットの失敗しないやり方

爪の定番となっているジェルネイル。
ネイルサロンでジェルネイルをやってもらう人よりも、今は自分でジェルネイルをする人が増えていますよね。

 

自分でジェルネイルするのって、とっても簡単で楽しいんですよね〜♪

 

ジェルネイルキットの種類も豊富。
ジェルネイルキットのデザインもブランドによって全然違うし、
使い勝手も違うので選らぶのが難しい・・・って思ってしまっている人も多いかも。

 

器用な方ではない私。
セルフジェルネイルをやってみると、意外と簡単!

 

やり方次第でジェルネイルの持ちもよくなりますし、見栄えもよくなります♪
ジェルネイルを上手に塗るやり方、ポイントを惜しみなく教えちゃいます。
(ブランドによって行程が多少異なる点はご了承ください)

 

ジェルを塗る前の下準備

 

まずは、手を洗いましょう。
汚れや余分な油分を取るという目的です。
手を洗った後は、水分が残らないようにしっかりと拭き取っておきましょう

 

持ちの良いジェルネイルのやり方は、丁寧な下準備がコツ!

 

ウェットティッシュなどで爪周辺をしっかり拭き取り、甘皮を取り除きます。甘皮をゆっくり優しく押し上げていきます。甘皮を押し上げると、甘皮の下に爪にこびりついている古い甘皮が現れるので取り除いていきます。さらに、ウェットティッシュで甘皮周辺を拭き取っておきます。甘皮処理をしっかりしておくと、ジェルネイルが浮いてくるのを防ぐことができますよ。

 

 

もう1つの下準備

 

ファイルを使って、爪の長さを整えます。すごく長い場合には、爪をカットしてからファイルで爪を調整します。
この作業の時に、爪のカタチも作ります。スクエアにするのか丸みのあるカタチにするのか決めましょう。
次に、爪の表面を削ります。この作業をサンディングと呼びます。爪の表面をわざと傷つけてジェルとの密着度を高めるために行います。

 

爪を痛めずにサンディングをするやり方のコツは、力を入れないで爪の表面のツヤがなくなる程度にすること!

 

やり過ぎてしまうと、爪が薄くなってしまい危険です。
この作業に自信のない人は、サンディング作業の不要なジェルネイルキットもあるのでおすすめですよ。
<サンディング作業不要なジェルネイルキットをチェックする>

 

 

ベースジェルを塗ります。

 

ここでようやくベースジェルを塗ります。
初めて使う筆の場合には、ウェットティッシュなどで筆を拭いてほぐしておくと使いやすくなりますよ。
ベースジェルを筆にとって、甘皮から1mmほど離すようにしてジェルを塗っていきます。ジェルの厚みが均等になるように注意をして塗ります。
ライトに指を入れて、ジェルを硬化します。

 

 

カラージェルを塗ります

 

好きなカラージェルを塗っていきます。
ベースジェルと同じように均等な厚みになるように心がけて塗ります。塗ったら硬化し、さらに2度塗りをすると発色がよくなるのでおすすめです。
爪のサイドや先端の爪の厚み部分にも塗るのを忘れないようにしましょう。

 

 

トップジェルを塗ります

 

トップジェルを塗って、硬化します。
ここで凹凸があるとキレイに仕上がらないので、ジェルを塗って表面がつややかになるまで待ってから硬化するようにしましょう。
硬化したら、ジェルクリーナーなどで爪表面に残っている未硬化のジェルを拭き取ります。
きちんと未硬化ジェルを拭き取らないと、ジェルがしっかり硬化せずに持ちが悪くなってしまいます。

 

未硬化ジェルの拭き取りの際は、コットンにたっぷりクリーナーをしみ込ませて、しっかりと拭き取るようにするのが上手なやり方のコツです!